アルテ

アルテ(アニメ)7話のネタバレ感想と8話の考察!アルテ、ユーリ、レオの三角関係のはじまり?!

アルテの絵がヴェネツィア貴族ユーリの目に留まり、アルテを専属画家と姪の家庭教師にと誘いに来ます。

アルテは自分を選んだ理由を聞いて悩んでしまいます。

一方、レオにルザンナという女性が訪ねて来ました。わざわざ別の町から来るとはどんな用件なのでしょうか。

アルテはルザンナの為にひと肌脱ぐことにします。

アルテ(アニメ)7話のあらすじからネタバレストーリーまで暴露!


ヴェネツィアから来た貴族ユーリは、アルテが描いたヴェロニカの肖像画を見て更に気にいったようです。

ユーリはアルテをヴェネツィアで肖像画家として働いて欲しい、そして姪のカタリーナの家庭教師をして欲しいと言います。

アルテは何故自分なのかと聞き、女で貴族出身だからと言われ悩んでしまいます。

レオに、本当に力が備わっていたら仕事を手にする機会は一度切りじゃないと言われ依頼を断ります。

その日、大きなお腹を抱えた女性がレオを訪ねて来ました、レオの師匠の一人娘ルザンナです。

旦那が死んで持参金の交渉に来ましたが上手くいかず悩んでいました。

アルテはヴェロニカに相談し、地位と権力のある人に代理人になってもらうのが良いと聞いてユーリを思い出します。

レオにその話をすると、いつでもお前の親方として待っていると言ってくれました。

ユーリは代理人の話を快く承諾してくれて、交渉の結果ヴェネツィアの滞在期間を半年としました。

ルザンナはアルテに感謝し、レオの事を宜しくと言い帰って行きました。

アルテ(アニメ)7話の感想と考察!


貴族のユーリがアルテを気に入って断ったのにしつこく誘ってくるのは何でだろう。

柔らかいタッチの画風が気に入ったみたいだけど、女で貴族出身ってだけかな。

姪っ子ちゃんを溺愛しているって言うから、おもちゃを与える感覚かも。そんなんでヴェネツィア行ってアルテは大丈夫かな。

ユーリの声を担当しているのが人気声優の鳥海さんだから何かありそう。ネット上では期待している声もあるけど、まさかの求愛だったら面白いのに。

でも、レオもアルテが気になってますよね。ユーリに「離したくないだけでは」って言われて自覚しちゃったはずです。

半年間も離れている間に寂しくなって、会いたくなって、好きな気持ちがハッキリ分かるかもしれませんね。

アルテもルザンナに「レオのこと宜しくね」って言われてるし、女の勘は鋭いよ。アルテがレオのこと好きなのはバレバレですね。


しかし、この時代の女性が生きていくのは厳しいんですね。ルザンナが持参金を返して欲しいと姑にお願いしても門前払いって酷いです。

さらに、妊婦を突き飛ばすなんて酷いです。息子がいないと嫁は他人って、お腹の子はどうでも良いとか厳しい時代ですよね。

アルテも女性って言う事で苦労しているけど頑張っていて偉いな。しかも、ほぼ赤の他人の為にヴェネツィア行っちゃうとか凄い。

そんなアルテをユーリが優しく見つめて絶対何か起こりそうって思います。三角関係とか面白いので、ぜひお願いしたいです。

アルテ(アニメ)8話の展開や結末予想(考察)


アルテはユーリと一緒にヴェネツィアに行く事になりましたね。半年間だけど延長もあるって言ってたし、貴族だし、気に入られたら帰れないかも。

姪っ子のカタリーナがちょっと我儘らしいので心配、子守で疲れ切ったアルテが想像出来ます。でも、きっとカタリーナの悩みを解決して仲良くなりそうですね。