グレイプニル

グレイプニル(アニメ)7話ネタバレ感想8話の考察!修一の能力とエレナの目的。

クレアと小柳は契約を終えエレナについての話を始めました。

小柳の持つ昔のエレナの印象は、人間不信だった自分を救ってくれた恩人でした。そんなエレナが人殺しをするはずがないと小柳は言います。

一方場面は現実のエレナの場面に代わります。

グレイプニル(アニメ)7話のあらすじからネタバレストーリーまで暴露!修一の能力とエレナの目的


現在エレナは3人で森の中を行動していました。一人はローブの男、もう一人は金髪のスバルという人物です。

一方修一は吉岡に同じ能力者に遭遇したらどうするのかと聞かれます。迷わず修一は殺したと回答します。

意外な回答に吉岡は取り乱します。その時、黒い瘴気が修一の当たりを包み込みます。

スバルが出現し、修一をに殺気を放ちます。そして瘴気から、魔人のような生物を召喚し、修一を両腕で握りつぶします。

これにより体をバラバラにされた修一と吉岡、スバルがその場を立ち去ろうとすると、バラバラのパーツが動き出します。そしてパーツが合体しその変形した姿は吉岡と着ぐるみを半分ずつ足したような姿でした。

そして戦闘はかなり激化します。一進一退の攻防のさなか二人の前にエレナが現れます。

グレイプニル(アニメ)7話の感想と考察!

エレナの目的

エレナは謎が多いです。小柳の話によると高校時代のエレナは優しい高校生でした。

またこれまでの話でクレアの姉ということも明らかになっています。そんなエレナがどんな経緯で力を手に入れたのか気になるところです。

エレナの同伴メンバーは黒ローブの男とスバルです。黒ローブの男曰く我々には偉大な目的があるといっていました。

スバルはエレナ曰くまだ子供の用で、よく感情をむき出しにします。そして使う能力もオヤジとおふくろという生物を召喚します。これはなかなか闇が深そうな気がします。

そしてエレナはこのスバルに重大な役割があることをほのめかしています。黒ローブの言う偉大な目的のピースになるのではと考えます。そして修一の記憶の断片や、最後の宇宙人の回想シーンでのエレナ。

一緒になりたい人がいるがそうすると二度と何かが手に入らなくなるという、過去エレナ、これはおそらく修一のことを言っているのではないかと考えます。

そして最後にエレナがつぶやいた、殺されても死ぬなんて許されないというセリフ、エレナは過去のどこかに重大な分岐点があり重大な使命を背負ったのではないかと考えられます。

宇宙人の言った行く末を見届けるというセリフも気になります。グレイプニルにおいてエレナの謎はかなり重大なカギとなってきそうです。

グレイプニル(アニメ)8話の展開や結末予想(考察)修一の能力の謎


修一の能力が徐々に明らかになってきました。

内部に入れた人物と一体化する能力、そして次回予告は記憶の影です。修一の能力を使うと脳に宿る記憶のことを言っている気がします。

謎がまた徐々に明らかになっていきそうです。