はめふら(乙女ゲームの破滅フラグしかない~)

はめふら(アニメ)8話のネタバレ感想と9話の考察!欲望が闊歩する本の世界!

勉強のための参考書を借りに図書館に来たカタリナ一行。図書館で勉強していると、突然開いた本の中に閉じ込まれてしまう。

逃れたメアリとマリアは、その本を開いてカタリナたちを救出しようとする。

果たしてカタリナたちを救出することはできるのか。

はめふら(乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった)【アニメ】8話のあらすじからネタバレストーリーまで暴露!


学力テストのために勉強していたカタリナは休憩がてら畑仕事をし、その後メアリと勉強することに。

その後生徒会長のシリウスの助言により図書館で勉強することにしたカタリナとメアリは、道中でいつもの6人と出会し、全員で図書館で勉強をしていた。

そんな中カタリナが本を探しに本棚を見ていると、一冊だけ光っている本を見つける。

その本を開くと突然吸い込まれてしまい、お茶とお菓子を用意しに退出していたメアリとマリア以外の6人は姿を消してしまった。

救出しようと2人は本を開くと、そこでは6人各々の欲望が映し出されておりカタリナ以外の4人(アランを除く)はカタリナと二人きりで何かしようと企む欲望、カタリナはお菓子の家でひたすらにお菓子を食べている欲望を映し出していた。

そしてカタリナの抑えきれないほど大きな欲望が本の限界を誘い、6人は本から脱出することに成功。

ED後では、本の中で唯一変な欲望を映さなかったアランが木登りをしたカタリナと綺麗な景色を眺めるという良い雰囲気で8話は終了した。

はめふら(乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった)【アニメ】8話の感想と考察!


【欲望】
今回は”欲望”をテーマとした物語でありましたが、視聴者の予想通りの欲望だったなぁと思いました(そこがまた面白い)。

また、はじめは二人きりで勉強していたメアリが途中でいろんな人に抜け駆けされたことが、まあさすがと感じました(メアリはもう既にコメディアン)。

あと、本の中の4人の色っぽさ半端なかったです。。。

【生徒会長】
前回の考察でも話しましたが、8話でも生徒会長シリウスの怪しげなシーンが登場しました。

物語の初めの方、カタリナとメアリに勉強を教えていたシーンで、図書館に良い参考書があると勧めてカタリナにお礼を言われました。

そこでシリウスの顔が一瞬驚き顔になり、すぐにいつもの笑顔に戻ります。このシーンは一見なんともないように見えますが、私はここに怪しさを見出しました。

あくまで予想ですが、もしかしたらシリウスはカタリナに対して恋愛感情ではない別の感情を抱いてると思いました。具体的には、嫉妬であったり恨みであったりという負の感情を。

理由としては、普通の人であればお礼を言われたら驚き顔なんてしないですし、笑顔に戻る瞬間に何か闇を抱えているような雰囲気を感じたからです(インスピレーション)。

この予想が当たっているかはわかりませんが、この点も今後に期待ですね。

はめふら(乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった)【アニメ】9話の展開や結末予想(考察)

8話は比較的メアリが登場する回であったので、次回も別のキャラを主にスポットを当てた話になると思います。

また、生徒会長シリウスに関する情報であったり、現実世界の話も出てくると思います。