啄木鳥探偵處

啄木鳥探偵處(アニメ)7話のネタバレ感想と8話の考察!=紳士盗賊=啄木に一杯食わされた京助?

京助は平井協力を得て、紳士盗賊が盗んだ5000円のありかを突き止め啄木に推理を話していましたが、京助は啄木に一杯食わされていたのでした。

そして、2人は仲直りをすることが出来たのでした。

啄木鳥探偵處(アニメ)7話のあらすじからネタバレ感想まで暴露!


大会社に取材に来ていた新聞記者が社長に取材をしていたが、記者が一度席を立ったきり、いくらたっても戻って来ないため、新聞社に電話で聞いてみるとその記者は在籍していないと言われてします。

その場に社員が慌てて入って来て、会社の給料の入った鞄がなくなったと社長に伝えます。


京助達がミルクホールでこの事件を話していると、啄木がやって来ます。犯人は捕まったが、5000円のありかを言っておらず、被害にあった会社では、500円の懸賞金を出して5000円のありかを探していました。


京助は啄木ではなく、平井の力を借りて謎解きをして5000円のありかを探し出します。しかし、京助は啄木にいっぱい食わされていたのでした。そして、2人はこの推理の話し合いを通して仲直りをし、ミルクホールへ向かいます。


そして、ミルクホールから戻る途中、啄木は吐血してしまいます。

啄木鳥探偵處(アニメ)7話のみんなの感想と考察!


5000円を探し当てたと思いきや、啄木に一杯食わされてしまった京助。京助の髭を蓄えた写真の入ったニセ札に驚いていた京助の顔が見ものでした。

このニセ札をミルクホールで他の友人達に見せます。萩原がこのニセ札を作るのにいくらかかったのかと聞くと啄木はざっと500円と答えます。

すると、他のメンバー達は5000円の懸賞金が500円だったと口々に言います。京助と今回の事件の推理の経過を話していた時には啄木は5000円のありかは知らないと言っていましたが、実は彼の手によって既に解決していたのでしょうか?


いずれにせよ、金がなく皆から借金をしているにも関わらずニセ札作りに大金を払ってしまう啄木の凝ったお遊びとユーモアには、脱帽ですね。


そして、今回の事件の推理を話すことをきっかけとして、啄木と京助が仲直りができて良かったですね。そんな今回の事件の京助の相棒は平井でした。

平井も推理小説を書いているだけあって、推理力があり良かったのですが、やはり少し上から目線で物申す啄木と少し弱気な京助の方がしっくり来ます。次回以降は、啄木、京助コンビ復活になりそうなのでそちらも楽しみにしていきたいところです。

啄木鳥探偵處(アニメ)8話の展開や結末予想(考察)

啄木が吐血して具合が悪くなるも、また謎解きを始めるようです。京助は啄木の体調を気遣いつつフォローしながら事件を解決していくのだと思います。