無限の住人

無限の住人(アニメ)第6話のネタバレ感想と7話の考察!凛と新夜との考えの相違で・・

無限の住人(アニメ)第6話のあらすじからネタバレ感想まで暴露!


祭りの屋台で食べ物を買おうとしていた凜は、礼儀のなっていない練造と出会います。

一方で万次さんは面屋で新夜と出会います。2人は少し険悪な雰囲気になりますが、新夜の子供の練造が来たことで険悪さはなくなり、新夜と練造は立ち去ります。

凜は、背後からそれを睨みながら見ていています。凛が道を歩いていると、練造が男に絡まれていて、殺されそうになっていた所を凛が割って入ります。

男は練造のせいで、草履の鼻緒が切れたと言いがかりをつけて来ますが、謝罪しようとしない練造のために、凛は男に鼻緒を直すので許して欲しいと、頭を下げます。

凛は、男から浴びせられる暴言にも口答えせず、男の草履を直しその場は丸く収まり、男は去って行きます。

練造は、お礼がしたいと凛を自宅へ呼び入れます。そこへ新夜が現れます。凛の両親を殺した新夜と凛との再会。新夜は、家にいた練造を買い物へ行かせ2人で話合いが始まります。

自分を殺しに来たのかと言う新夜に対して、凛は自分と同じ思いを練造にはして欲しくないので、ただ新夜からの謝罪が欲しいと言います。

しかし、新夜は昔の悪事を息子の練造には話しておらず、それを知る者は殺すと言い出し2人の戦いが始まります。凛が殺されそうになったところで、万治さんが凛を救いに来ます。

同じことを繰り返したくない、と言い争いを辞めて欲しいとい凛の願いも虚しく、万治さんが新夜を殺してしまいます。そして、その時に買い物から帰って来た練造がその場に遭遇してしまいます。

そして、練造は万治さんを刺してしまい万治さんはその場に倒れます。数日が経ち、練造が新夜や葬っているところに凛が現れます。

練造は万治さんの死体が部屋からなくなっており彼が生きていると凛に伝え、いつか恨みをはらすと言います。しかし、凛は自分が万治さんを葬ったと言い墓場にあった万治さんの腕を見せ、練造に彼の死を納得させます。

その後、凛は万治さんの腕を持って本人の元へ行きも通りになりストーリーは終わります。

無限の住人(アニメ)第6話のみんなの感想と考察!


自分の目の前で新夜に母親を殺されてしまった凛。同じ道を練造に辿らせまい、悲劇は繰り返してはならないといった、凛のただならぬ筋の通った考えかたにグッとくるものがありました。

弔い合戦ではなく、ただそれを終わらせようとする凛の姿が本当に男前で、カッコよかったです。

しかし、悪事をしていたことを隠したい新夜との考えの相違により、戦いは終わらず凛の思いが万治届かなかったことが非常に不便でなりませんでした。

凛は練造に万治さんは亡き者だと伝えたので彼が仇討ちをすることはないと思うので、練造は少しは救われたのではないかと思いました。

無限の住人(アニメ)第7話の展開や結末予想(考察)


逸刀流がメジャーになろうとしている中、逸刀流を抹殺している百琳と行動を共にする尸良から手を組まないかとのオファーが来るも、万治さんは断ると思います。

また、凶戴斗は天津影久の元を去り、普通に暮らそうとするも、その願いはかなわず、尸良等と戦った末に残念ながら殺されてしまうのでないかと思います。