無限の住人

無限の住人(アニメ)7話のネタバレ感想と8話の考察!凶影─きょうえい─

幕府お抱えの講剣所の指南役に逸刀流天津影久の名が挙がりますが、謎の逸刀流狩りが始まりその魔の手が逸刀流剣士達に伸びて行きます。

一方で逸刀流天津影久を共に倒そうと、万治の元にも百琳からの使者の尸良がやってきます。

無限の住人(アニメ)7話のあらすじからネタバレ感想まで暴露!


河原を眺める凛と犬のシーンから物語は始まります。


一方、駕籠で移動中の凶の不意打ちを始め、百琳達の手に寄って逸刀流の剣士達が殺される事件が起こり始めます。

逸刀流天津影久の夢、幕府お抱えの講剣所の指南役になろうとしていましたが、凶は侍には付けない、アカギには気をつけろ、と言い残し影久の元を去ります。


凛は影久を倒す決心をし、強くなろうとボコボコにしてもいいと万治に稽古を頼みますが、へたばってしまいます。凛が夕飯の支度をしていると、尸良が万治を訪ねて来て、逸刀流を潰す為に手を組まないかと打診します。


翌朝、万治の留守中だった為、凛は尸良が準備した朝餉を食べる事に。尸良の様に強くなりたいと言う凛に、強くなる為に犠牲は仕方ないと言う尸良。そして尸良は、朝餉の肉は一緒にいた肉は犬の肉だ、との事実を凛に突きつけ驚愕のエンディングとなります。

無限の住人(アニメ)7話のみんなの感想と考察!


百琳率いる謎の集団はなぜ逸刀流を狙っているのでしょうか?百琳と行動を共にする尸良から仲間にならないかとの話を持ちかけられた万治ですが、両親の仇討ちをしようとしている凛と最終目的は同じですが、果たして協力することになるのでしょうか?


尸良は本当に残虐で全く義理や人情がないので、万治と凛とはそういった意味では正反対だと思います。万治と凛には尸良達を上手く利用して、事を勧めていって欲しいと思います。


また、逸刀流の天津影久にアカギに気をつけろ、と言って彼の元を去った凶の今後はどうなるのでしょうか?

凶は、雪侍で一緒に過ごした母に仕送りをしている少女にも、別れを告げます。少女は彼が出ていく時に、悲しみの表情に包まれますが、凶がたまには戻ってくると告げると急に嬉しそうにします。


そんな凶と一緒に時を過ごした少女が、尸良によって殺されてしまいます。凶は彼女の死が自分に関係があったことを知ることになるのでしょうか。

凶は果たして、その事実を知ることが出来るのでしょうか、また知った時には仇討ちをすることになるのでしょうか。義理人情に厚い凶が、今後どうなるかも注目してみていきたいところです。

無限の住人(アニメ)8話の展開や結末予想(考察)


尸良と共に戦うことを決める凛と万治。凛と万治は天津影久を殺そうとするも、彼らとは性格が対局にある尸良達にうまく利用されてしまうのではないかと思います。