無限の住人

無限の住人 (アニメ)9話のネタバレ感想と10話の考察!=群─むら─ =関所を抜けるために…

凛は万治を残して宿を出ますが、お尋ね者になってしまった2人。凛は、意を決して関所を通るために、とある村へ向かいます。そこの宿屋の夫婦の手助けの甲斐があって、凛は無事に関所を通過することが出来るのでした。

無限の住人 (アニメ)9話のあらすじからネタバレ感想まで暴露!


凛は万治を置いて一人宿を出ると自分達がお尋ね者になっていることに気づき飯盛り女の所へ向かいます。そして飯盛女から聞いた関所を通れる村へ向かいます。そこの村の住人は親類等を含め手形がなく関所を通れるため、凛は向かった宿屋で亭主に養女にして欲しいと願い出ます。


しかし、亭主達は以前に関所を通りたいと言った女性に手を貸し、そのことが発覚し彼女が殺されてしまったので、こう言った行いからは足を洗った為、手を貸すことは出来ないと言われてしまいます。

しかし、凛は既にお尋ね者なので命は惜しくない、と喰い下がりませんでした。その夜、亭主の妻が凛の元に来て凛の意思を確認し、凛に手を差し伸べてくれます。


翌日、亭主と凛は関所に向かいます。人相書きに凛が似ているとのことで、代官から色々な質問をされますが、昨夜の宿屋の亭主の妻の助言により凛は切り抜けることが出来、無事に関所を通過するのでした。

無限の住人 (アニメ)話のみんなの感想と考察!


凛は万治に声をかけず、置き手紙を残して宿を出て行ってしまいました。一人で関所を抜けなければならないのは事実ですが、もう少し万治と話あってからでも遅くはなったのではないかと思いました。

そして、関所を抜ける時の凛は非常に堂々としていてカッコ良かったですね。代官は凛が人相書きに良く似ていたとの理由で、色々と質問をしてきます。しかし凛は物怖じせずにどんどんと答えていっていました。

最初は凛の架空の話かと思っていました。しかし、凛の話した内容が書物に記載されていたので、どうしてかと思っていましたが、実は宿屋の妻が関所を通る前の晩に凛に教えていたようでしたね。


そして、今回一番驚いたのは、代官に事実確認のためにお産の傷跡をみせろと言われて、傷跡を凛が自ら代官に見せる所でした!こんな傷いつ?と思いましたが、こちらも宿屋の妻が前日の行ってくれていたようでした。


凛も代官との話し合いでは機転が利いていて、半ば知恵比べと言った感じもありましたが、宿屋の妻の準備周到さにとても驚かされました。
足を洗ったと言っていた宿屋の夫妻でしたが、2人の人としての優しさが身にしみる今回でした!

無限の住人 (アニメ)10話の展開や結末予想(考察)


次回は、万治と凛の前から姿を消した尸良が現れるようです。執念深い尸良は万治と凛にジリジリと迫ってきて、百琳達とも敵対関係になるのではないかと予想しています。