波よ聞いてくれ

波よ聞いてくれ8話のネタバレ感想と9話の考察!『ミナレ』に込められた意味とは⁉

「波よ聞いてくれ」 8話のあらすじ

第8話 電話じゃ話せない
沖の家のオカルト騒動はミナレの不始末によるものとわかり、沖の尋ね人を呼びかける「謝罪放送」で放免されたミナレ。
一方のスープカレー屋にはマキエの兄・亨が現れる。強引に連れ帰ろうとする亨に、中原は違和感から抵抗を試みる。
ミナレの『波よ聞いてくれ』はその後も放送を続け、コアなファンをつかんでいく。順調に思えた矢先、ミナレに届いた一通のメールが、
平穏な日々に終わりを知らせる。送り主は憎き元カレ・光雄だった。

引用: 波よ聞いてくれ公式サイト

「波よ聞いてくれ」8話のネタバレストーリー

「波よ聞いてくれ」 瑞穂はしっかりしたとてもいい子

私、尼になろうと思う。

瑞穂は、そんなミナレの冗談を軽く流します

それでも、ミナレは自分のやってきたことの贖罪のために何かしたいと言い続けます。

しかし、瑞穂は「そんなミナレさんにあこがれてます!繊細とか気づかいと最初から期待してませんから。

結構ひどいことを言っているように聞こえますが、ミナレは瑞穂の言葉に感動します。

そして、尼になるのをやめ性転換して瑞穂を幸せにしようと誓うのです。

といういつものパターンで始まります。

「波よ聞いてくれ」 企画会議


カレー屋の営業が終わり、ミナレが先に帰ると、店長とマキエの兄・亨が現れます。

亨の丁寧な言葉遣いとは裏腹に重たい空気が漂います。


場面はラジオ局へ移ります。

今日の放送の内容が決まっておらず、麻藤さんの企画に決まります。

その内容は親子喧嘩企画をしてリスナーにどっちが正しいかを決めてもらうというものです。


そしてミナレは父に自分の名前の由来を尋ねます。

名前を決めるために行った本屋で、「熟女(みなれ)」と読んだからとボケます。

ウソと見破るミナレに、父は真実を語ります。

父の愛人3人の名前から一文字づつとってミナレと決めたと告げます。


ミナレはブチ切れて、「父親に今すぐ会いに行ってくれる!

さらに、「アマゾネス的な道内の男という男を殺しまくる!」と暴走を始めます。


暴走している間に、結局ヒグマの企画が採用になります。

「波よ聞いてくれ」 話しあいの末に

場面がかわり、カレー屋の前が修羅場に突入します。

マキエの代わりは見つけたので、マキエは家に戻るという話が進んで行きます。

中原は、一緒に入院していたバイトの子はどうしたのか尋ねます。


店長は重い口を開き、「病院で薬品を盗んで横流ししようとしているのがばれて、捕まっちゃった。」と告げます。

ならば、中原はマキエの仕事ぶりを評価していて、今後も働いてもらいたいと店長にお願いします。

マキエの兄・亨が口を挟みます。「ご迷惑をこれ以上かけるわけにはいかない。さらに店に寝止まりしているようですし。

それを聞き中原は、「マキエさんは、うちに泊まってますよ。といっても姉と…


話を最後まで聞かず、亨は凄い形相になり激怒して中原に突進してきます。

そのまま中原の首を絞め持ち上げます。


周りに止められ、亨はなんとか正気を取り戻します。

そして、見事なジャンピング土下座を披露し謝罪します。

亨は、昔から我を忘れてしまうことがあると話します。


中原は姉に電話し始めます、

そして、亨に電話を替わるようおねがいします。

中原姉の怒涛の主婦トークがはじまります。

それにより、亨の瘴気が見事に浄化されていきます。


中原姉の主婦トークによって、なんとかマキエは中原家に帰ることになります。

マキエは今までの自分を振り返り、今後のことを決意します。


波よ聞いてくれの放送がはじまります。

ここで初めて第一話の冒頭につながります。

「波よ聞いてくれ」 麻藤の過去


麻藤さんの若き日の回想シーンが始まります。

アイヌ語を勉強し、アイヌ語を話す人との会話が進んでいきます。


アイヌ語で話す人との会話の最後に、

自分の子供の名前は『笑わせる(ミナ・レ)』とつけたいと話します。


放送が終わり、帰宅しようとしているミナレの携帯に、

あの光雄からメールが届きます...。

波よ聞いてくれ 8話感想


ミナレ父に『ミナレ』の名前の由来を聞かれて、

週刊誌の見出し「美熟女」から「美熟(みなれ)」
3人の愛人の名前から一文字ずつとった(ミチル・ナツコ・レイコ)

どこまで本当だかわからないが、とにかくろくでもない話で笑わせにきます。

かなりウケました‼

1話の熊との格闘の謎もやっと解けました。だいぶ引っ張ったと思います。

マキエの兄・亨も登場し、かなりの過保護っぷりと思い込みの激しさで、通常なら大問題になる様なことでも、笑い話になっているのがこの作品の良い所だと思います。

麻藤さんの回想シーンでは、謎が解けるような謎がまた深くなっていくような感じです。

光雄からのメールもきて、話が終わりますが、次回が気になってしょうがない!

早く続きが見たい‼と痛烈に思わせる内容だと思います。

9話の展開予想

光雄がついにミナレの前に登場します。

1話から登場していますが、ミナレとの絡みはありませんでした。

5話で大変な目にあっていた光雄でしたが、無事に生還できていたようです(笑)

予告では、2人でデートしている感じでしたが、ミナレはいつもより厚化粧しています。

ミナレは光雄のことをまだ好きで、というかダメンズ好きなのかもしれません。

しかし、過去をしっかり清算して欲しいと思います。特にお金の問題を…。

マキエの兄問題、ミナレの復帰問題もそろそろ解決するはずです。。

マキエの兄も、スープカレー屋店長も一筋縄ではいきませんが…。

きっと、マキエが正式に従業員となり、ミナレもまた正式に戻ってくると思います。

波よ聞いてくれ まとめ・今後の考察


ここへ来てついにシセルとミナレが繋がりました。

番組最後の方に麻藤さんの回想シーンが入りますが、その内容は明らかにミナレとの関係を示唆しています。

アイヌ語の資料を眺めながらこう話します。
くだらない事考えてたよ…
もし自分に子供ができたらこんな名前つけるかもしれないって
『笑わせる(ミナ・レ)』

どことなくシセルはミナレに似ているし、もしかしたら親なのかもしれません!麻藤さんとの隠し子⁉

しかし、シセルは自分のことを僕と呼んでいることから男の可能性もあります。

ということは、ミナレの父親はシセルであり、麻藤さんとは昔の親友かもしれません。

そう思わせる伏線は、古いラジオを送ってきたり、名前の由来など多くあります。

そこでまた謎が生まれます。なぜ、ミナレ父(シセル)と麻藤さんはこの関係をミナレに教えないのか?
まあ、そのほうが面白いからとか言いそうな2人ですけど(笑)

マキエの今後や、光雄がどうなるのかなどなど今後も大変楽しみです。