イエスタデイをうたって

イエスタデイをうたって あらすじ 三角関係ならぬ四角関係!

イエスタデイをうたってあらすじを紹介したいと思います。この作品は登場人物の恋愛観を描いていき、愛とは何ぞやというテーマを追求していきます。

イエスタデイをうたってあらすじ


主人公は大学を卒業した後、コンビニアルバイトをして生計を立てているが、将来に対する見通しが立たない陸生です

そんなさえない毎日を送っていると、バイト先のコンビニに一人の少女が現れ、睦生に話しかけていきます。

彼女の名前は晴です。晴は睦生に、度々遭いにくるちょっと変わったミステリアスな子です

肩にはカラスを連れており普段は笑顔なのですが、その表情の裏にどこか、寂しさを感じさせられます。それでも毎日が焦燥感に襲われていた陸生にとって晴の存在はかなり大きなものでした。

そんな陸生のもとに、大学時代の同級生であった榀子が帰ってきたことが知らされます。榀子は陸生が大学時代に好きな人でした。思わぬ再開に、顔を赤らめる陸生、そしてこのチャンスを逃すまいと、思い切った行動にます。

そんな中で、榀子の幼馴染で高校生である、浪も引っ越してきました。浪は榀子に対してかなりの好意を抱いています。もちろん幼馴染としてかなり親密な関係なのですが、浪はそれ以上の何かを求めていた様子でした。

陸生、晴、榀子、浪の四人による、三角関係ならぬ四角関係が構成されて物語が展開されていきます。果たして4人の関係は最終回を迎える頃にはどうなるのか以後期待です。