イエスタデイをうたって

イエスタデイをうたって(アニメ)9話のネタバレ感想と10話の考察!クリスマスパーティ!

榀子は浪の家に久しぶりに行き食事を作ります。浪はこないだの強引に迫ったことを反省している様子で、榀子もこの関係を壊したくないといいます。

一方で晴はコンビニにいなくなった睦生と会いにくくなってしまい、その上前回会わない口実を自分で言ってしまったことに後悔していました

イエスタデイをうたって(アニメ)9話ネタバレ感想!人それぞれの恋愛観


浪は浪人生で予備校に通っていて、絵の練習をしていました。そして受験はクリスマスシーズンということで、かなり近づいていました。榀子はそんな浪に食事を作ってあげたり、絵の練習に付き合ってあげたりしました

一方で晴は前回の睦生の発言を後悔していました。今までは睦生はコンビニにいたため、帰宅ついでに寄っているという、口実があって堂々と会いに行けたのですが、スタジオで正社員になった睦生は会うのは前回のようにかなり違和感があり重い女みたくなりました。

流石の晴も少し怖気づいている様子です。一方睦生は友人に彼女ができてそれを祝うクリスマスパーティーに参加することになります。そして睦生は写真の特技を生かして大学時代の写真をみんなに見せます。

それを見ながらパーティーは睦生の人間関係のことで盛り上がりました

イエスタデイをうたって(アニメ)9話の感想と考察!榀子は好転したが、晴は下降気味。

難しい三角関係


榀子と浪の関係はお互いに心中にあることを吐き出しあい、かなり安定してきました。

今まで同居する際に抱いていた違和感は、前回のお互いの思い切った行動により、自己完結できるようになっていたようです。そんなわけでお互い帰宅するまでも精神脳負担を感じる描写がありませんでした。

お互いの距離感をつかめてきていて、良好な人間関係になれそうです。

また、榀子は陸生の大学時代の写真に写っていました。友達の彼女からの視点でも、かなりの美人と評されていて睦生もまんざらでもない様子でした。そしてクリスマスパーティーに榀子も参戦したので、パーティーを通して二人の関係はより深くなりそうです。

晴ですが、やはり前回の睦生にあったときに、なかなか会えないもどかしさからか、つい自分を重い女だよねと言って自分から会うのを控えるといったことに、堪えていました。

陸生もそんなのは不本意なことなのだと思います。しかしお互いに感情表現が不器用なためこんな状況になってしましました
。とはいえこの状況が続くのは晴がかわいそうなので、次回あたりに陸生が晴に何かしらのアクションを起こしてほしいなと思っています。

イエスタデイをうたって当初から起きた三角関係、どうかきれいに収まり、睦生、晴、榀子それぞれが報われてほしいなと思いました。


イエスタデイをうたって(アニメ)10話の展開や結末予想(考察)波乱の予感!物語も佳境へ。


パーティーには榀子も参戦しました。クリスマスパーティーもさらに盛り上がりそうです。少し榀子と睦生の距離が縮まりすぎて、晴が遠ざかっているような気がします。

やはり睦生が正社員になったのがでかかったです。物語も終盤、何か大きな波乱がありそうな予感がします。