神之塔

神之塔【アニメ】8話のネタバレ感想と9話の考察!=クンの策略=

クンはランカーのクォントの作戦を見破り、裏を読んでいたので、皆が勝利を確信しましたが、負けてしまいます。


しかし、クォントが勝利したのはクンとラウレが秘密にクォント手を貸していたからでした。

神之塔【アニメ】8話のあらすじからネタバレ感想まで暴露!

クォントは暴走しそうになりますが、なんとか冷静を保ちチームと戦い始めます。そして、この場で待ってハンディを与えるので出口まで逃げてみろと言ってきます。


そして、階段を登りだすクォントは次々とAチームのメンバーを倒していきます。出口付近でアナクを捕まえたと思いきや、そこにいたのはクンでした。クンはアナクを橋の下に隠していますが、クォントに見破られます。


そして、クォントに道ずれにされて2人一緒に橋の上から落っこちます。しかし、クンの方が一枚上手で落ちることを想定しており、橋の下にいたアナクのムチで助けられ、アナクは出口に向かいます。


誰もが勝利を確信し、出口まで走るアナクでしたが、そこには落ちたはずのクォントがいてAチームは敗北します。皆に敗北したことを謝るクンでしたが、クォントに手を貸したのはクンとラウレでした!

神之塔【アニメ】8話のみんなの感想と考察!

第8話で気になる点は、何故クンとラウレは何故Aチームの皆を裏切りランカーのクォントを助けてしまったのか、と言う点と総監督のユハンは何か企んでいるのか、と言う点でした。


クンは自分率いるAチームが敗退した時にチームの皆に謝罪します。通常のクンの性格から考えると、いつも飄々としていて謝罪するということを全くしないので、とても驚きました。


しかし、これはクンの芝居であったことがその後でわかります。ランカーのクォントが出口には行けないと思った時に手を貸したのは、敵のAチームのクンとラウレだったのです。


果たして、総監督のユハンの言う通り、クンは自分の友人達と神之塔を登るためにAチームのいらないメンバーを選別し、友人集めの時に名前を書いた自分の仲間を勝たせるためにクォントを助けたのでしょうか?


また、ユハンのクンに対する言動が非常に脅迫じみていました。ユハンはレロ・ローに、冗談だと言ってはいましたが彼の真意はどうなのでしょうか?ユハンはクンのことを本当に潰そうとしているのでしょうか?


クンは頭も切れて色々なものを兼ね備えているので、頑張って言って欲しいところですが、こちらの展開にも注目していきたいところでした。

神之塔【アニメ】9話の展開や結末予想(考察)


次回はいよいよ、夜のいるBチームの出番になります。ザハードの姫エンドロシもいるので勝利できるとは思いますが、チームがまとまりがなさそうなので悪戦苦闘の上勝利すると予想しています。クン曰く、夜には頑張ってもらいたいです。