神之塔

神之塔(アニメ)9話のネタバレ感想と10話の考察!=片角の鬼=ホーの最期!?

Bチームはお互いが裏切る展開となります。ホーはラヘルを人質にして夜を陥れようとしますが、最終的に自爆してしまいます。そして、エンドロシはクォントに勝ちBチームの勝利となります。

神之塔【アニメ】9話のあらすじからネタバレ感想まで暴露!


エンドロシは塔を登るためには犠牲はつきものだと言い、仲間を倒そうとします。そして夜をラヘルの元へ送ろうとします。エンドロシが油断して、仲間に倒されそうになると夜はエンドロシを助けます。


一方でハツは自分がおとりになるのでランカーのクォントを倒すように仲間に伝えますが、裏切られます。

そして、ホーはすごい力を持つ夜を妬ましく思っていたため、ラヘルを人質にとり、夜をおびき寄せます。そこへクォントがやってきて、間もなく夜もやってきます。


クォントを倒せば、ラヘルを助けると言われて夜はクォントを倒そうとしますが、呆気なくかわされてしまいます。そして、偶然にもラヘルにホーの刃物が刺さりラヘルは倒れてしまいます。ホーは、大事なものはもう無いと言い残し死んでしまいます。

そこへ、エンドロシが来ます。夜の助けもあり、エンドロシはクォントとの戦いに勝ちBチームの勝利となります。

神之塔【アニメ】9話のみんなの感想と考察!


今回は疑問点が3つほどありました。
1つ目はホーに手紙を出したのは誰だったのでしょう?
ホーが亡くなってしまうという悲惨な結果に終わりましたが、ホーは夜のことを妬ましく思っていたのですね。最初は、夜に好意的に接していただけに非常に残念でした。

そしてホー宛にきていた手紙ですが、差出人は誰なのでしょう?全て仕組まれていたことだったのだとするととても巧妙な手段だったと思います。やはり、これもクンの戦略のうちなのでしょうか?


そして、2つ目は、クォントがホーの前に現れた時に「アイツの言った通りだ」と言っていましたが、アイツとはいったい誰だったのでしょうか?前回クォントを勝たせる代わりにこの事態を予測して伝えていたのでしょうか?

そもそも、最初からホーを脱落させるために手紙を出して、そのことをクォントに伝えていたのでしょうか?謎は深まるばかりの今回!確かに、Aチームのメンバーが試合を観戦している時もクンは余裕綽綽で寝ていて、いかにも結果を知っているかのようでした。そうすると、やはり今回の一連の流れはクンの策略だったのでしょうか?


そして、3つ目は無口マンとラークに呼ばれていた彼はどこに消えてしまったのでしょうか?途中までラークと一緒にチョコバーを食べていましたが、途中からラヘルの動きとリンクしていたような気がします。

次回以降も、引き続きクンの動きと無口マンにも注目していきたいですね。

神之塔【アニメ】10話の展開や結末予想(考察)


次回は合格者が発表されるようです。夜はラヘルを助けながらも塔へ登ることを諦めずに戦っていくと予想しています。